クレジットカードの限度額について

クレジットカードのショッピング枠には必ず限度額が設定されています。アメリカンエキスプレスなど一般公開はされていないカードであっても、きちんと例外なく決められており限度額が無いカードというものはこの世の中に存在しません(ブラックカードですら限度額があるという事が最近わかってきました)。

クレジットカードで買い物やETCの利用を行う場合には、使った分だけ翌月の支払い日に支払を行い、もしくはリボ払いの設定額を翌月支払日に支払いながら、この限度額の中で毎月やりくりしていくこととなります。

クレジットカードの限度額の決められ方とは?

ではクレジットカードの限度額はどのようにして決められるのか?という事ですが、クレジットカード会社各社、ある程度の基準というものが決められています。大体の予想はつくことかと思いますが…

  • 申込み時点の職業、勤続年数および年収の状況(Capacity)
  • 過去の履歴を含むローン状況や他社からの借入状況(Character)
  • 現在の住居の名義および持ち家もしくは借家かどうか(Capital)
  • 業界ではこれらの基準を3Cと呼ぶことが多く、上のリストにもありますが「Capacity=継続して返済することができる能力」「Caracter=約定日に返済する意思あるかという信用・性格」「Capital=住居の状況や不動産関係などから見る資産状況」の3種類です。

    限度額は申込み時点で自分で設定できる

    クレジットカードの利用限度額はカードを申込む際の申込書に、クレジットカード会社が定めている限度額の範囲内(ページ下の表を参照)で自由に設定し希望する金額で申込む事が出来ます。

    申込み後、カード会社の審査により希望額に届かない場合などはあるものの「クレジットカードを持っていると使いすぎそうで怖い…」などといった理由のある方は限度額を最低額の10万円程度に設定してカードを申込むことが可能となっています。

    申込み時点では低めに設定するというのがコツ

    クレジットカードを申込む際、カード会社が定めている限度額の最大枠を希望限度額してカードを申込む方もいらっしゃいますが、申込者があまりにも3C(審査基準)に満たない場合にはカードの審査そのものに通らなくなってしまう可能性もありますから注意が必要です。

    クレジットカードは審査に通過したかどうかに限らず、申込み時点で履歴が残ってしまい、短期間に連続して申込みを行おうとすると審査が益々通りにくくなってしまう傾向にあります。

    カード作った後からでも限度額の上限アップの申込みは行えますので、申込み時点ではあらかじめ希望額を小さく設定し申込みを行うというのがコツとなります。

    カード名 申し込み条件 申込み可能な限度額 審査の難易度(*1)
    JCB EIT 原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    オリコiB 原則18歳以上で安定収入のある方 10万円~200万円
    ライフカード 原則18歳以上で安定収入のある方 10万円~200万円
    エポスカード 原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    三井住友VISAカード
    クラシック
    原則18歳以上で安定収入のある方 10万円~100万円
    三井住友VISAカード
    クラシックA
    原則18歳以上で安定収入のある方 10万円~100万円
    三井住友VISAカード
    エグゼクティブ
    原則20歳以上で安定収入のある方 10万円~100万円
    三井住友VISAカード
    ゴールド
    原則30歳以上で安定収入のある方 70万円~200万円
    漢方スタイル
    クラブカード
    原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    ANA JCBカード
    一般カード
    原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    ANA JCBカード
    ワイドカード
    原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    ANA JCBカード
    ゴールドカード
    原則20歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    楽天カード
    一般カード
    原則18歳以上で安定収入のある方 10万円~100万円
    楽天カード
    プレミアムカード
    原則20歳以上で安定収入のある方 10万円~300万円
    JCB一般カード 原則18歳以上で安定収入のある方 20万円~100万円
    MUFGカード
    ゴールドカード
    原則18歳以上で安定収入のある方 10万円~200万円
    MUFGカード
    プレステージ
    原則20歳以上で安定収入のある方 50万円~300万円
    セディナカード
    ゴールドカード
    原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    セゾン・アメックス
    パール
    原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    セゾン・アメックス
    ブルー
    原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    セゾン・アメックス
    ゴールド
    原則18歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    アメリカンエキスプレス
    スタンダードカード
    原則20歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    アメリカンエキスプレス
    ゴールドカード
    原則25歳以上で安定収入のある方 自己申告制
    City Select
    VISA Platinum
    原則25歳以上で安定収入のある方 自己申告制

    (*1) 掲載している審査難易度は当サイトが収集した口コミ情報等による独自の基準で採点をしております。
    難易度に関わらず審査の状況や内容によっては希望に添えない場合もありますので予めご了承ください。