ETCカードの利用でもポイントが貯まります

クレジットカードのポイント還元率の重要性についてはこちらのページで解説をさせて頂きましたが、当コンテンツではそのポイント還元率と大変関わり深い「ETCカード」との関係性について解説をしたいと思います。

そもそもクレジットカードのポイント還元率とETCカードがなぜ切っても切れない関係にあるかというと、ETCカードでの利用はクレジットカードにショッピング利用分として計上されるため、ETCカードを利用して高速料金を支払ってもポイントがカードに加算されるのです。

そのため、ポイント還元率を高めのカードを選んでおくという事は、あとあとポイントを景品やマイルに交換する際に役立ってきます。特に高速道路を日常的に利用される方は要チェックです。

カード名 ETCカード手数料等 獲得ポイント 1ptの価値
(1000円あたり)
JCB EIT 無料 1000円利用で2pt 5円
(10円)
オリコiB 無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
ライフカード 無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
エポスカード 無料 1000円利用で1pt 4円
(4円)
三井住友VISAカード
クラシック
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
三井住友VISAカード
クラシックA
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
三井住友VISAカード
エグゼクティブ
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
三井住友VISAカード
ゴールド
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
漢方スタイル
クラブカード
無料 2000円利用で7pt 5円
(17.5円)
ANA JCBカード
一般カード
無料 1000円利用で1pt 4円
(4円)
ANA JCBカード
ワイドカード
無料 1000円利用で1pt 4円
(4円)
ANA JCBカード
ゴールドカード
無料 1000円利用で1pt 4円
(4円)
楽天カード
一般カード
年会費525円 1000円利用で10pt 1円
(10円)
楽天カード
プレミアムカード
年会費525円 1000円利用で10pt 1円
(10円)
JCB一般カード 無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
MUFGカード
ゴールドカード
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
MUFGカード
プレステージ
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
セディナカード
ゴールドカード
発行手数料1050円 200円利用で1pt 1円
(5円)
セゾン・アメックス
パール
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
セゾン・アメックス
ブルー
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
セゾン・アメックス
ゴールド
無料 1000円利用で1pt 5円
(5円)
アメリカンエキスプレス
スタンダードカード
年会費525円 100円利用で1pt 0.5円
(5円)
アメリカンエキスプレス
ゴールドカード
年会費525円 100円利用で1pt 0.5円
(5円)
City Select
VISA Platinum
無料 100円利用で1pt 0.5円
(5円)

ポイント獲得の単位に注目しましょう

ポイント還元率でカードを選定する場合には単にポイント還元率が高いカードを選ぶだけではなく、ポイント獲得のための単位をきちんと押さえておきましょう。クレジットカードでポイントを獲得する為には、100円で1pt獲得、1000円で1pt獲得といったようにポイントを獲得できる単位が異なっています。

特にETCカードの利用の場合には、1度で利用する金額が数万円になるという事はなかなか考えにくい為、ポイント獲得できる単位が小刻みなもの(100円で1pt獲得など)を選択するほうが圧倒的にポイントを獲得できる機会はアップするというわけなのです。