クレジットカードの旅行保険は自動付帯と利用付帯の2種類

当サイトで掲載・紹介しているクレジットカードには旅行の際に活躍する旅行保険が付帯していますが、大切なポイントとして「自動付帯」と「利用付帯」の2種類が存在しているという点が挙げられます。

一般的にこの「自動付帯」と「利用付帯」という付帯形式は、メインカード(主に使う主力カード)として利用する場合には特に気にすることはありませんが、サブカードや旅行保険のみを目的としてカードを保持する場合には必ず押さえておかなければなりません。

自動付帯と利用付帯の主な違いについて

旅行保険が「有効」になる条件に違いがある

旅行保険の付帯形態が「自動付帯」となっているクレジットカードは、簡単に言うと旅行保険はカードを保有しているだけで有効になります。これは後述する利用付帯のように「旅行代金」「ツアー料金」をカード決済しなくても、旅行にクレジットカードを持っていくだけで旅行保険が有効になるということです。

対する「利用付帯」は自動付帯とは違い、航空券やバス代などの公共交通機関料金やツアー料金などの旅行代金を、旅行保険を有効にしたいクレジットカードで決済しなければ有効にならず、カード持っているだけでは旅行保険が有効にはなりません。

まとめると、持っているだけでOKなのが自動付帯のカード、使ってナンボというのが利用付帯のカードということになります。

メインカードの場合には利用付帯でも良いかと

主にそのカードを主力カードとして利用する、いわゆる「メインカード」として利用するクレジットカードの場合には、ポイント還元などでお得になることから旅行代金もそのカードで決済を行うケースが大半ですし、付帯形態は利用付帯でも何ら問題ないと当サイトでは考えます。

そもそも各社のゴールドカードなどのメインカードに相応しいスペックを持ったカードほど旅行保険は「利用付帯」となっているものが多いということもあり、付帯形態を第一に考えておかなければならないのはサブカードとして保有しておくカードの場合だけで良いでしょう。

サブカードとして持つ場合は自動付帯を選びたい

上述したとおり、利用付帯の旅行保険は「使ってナンボ」という性質をもつため、逆に言えば持っているだけでは旅行保険は全く適用されません。そのためサブカードのように使うか使わないか分からないというカードの場合には自動付帯の旅行保険が付いているカードを選択したいところです。

* クレジットカードを複数保有している場合の補償額の扱い *
死亡・後遺障害 怪我・病気の入院通院 賠償責任 携行品の補償
保有カードの補償額の
最高額
保有カードの補償額の
合算額
保有カードの補償額の
合算額
保有カードの補償額の
合算額

また、クレジットカードを複数保有している場合には上の表にまとめている通り、補償される部分によって補償額が「保有しているカードの中での最高額」なのか「保有しているカードの補償額の合算額」なのかで分かれてきます。

サブカードの場合には補償額が少なくても、自動付帯のカードを選択しておくことによってメインカードの補償内容を強化することができるというわけなのです。