ライフカード

あまりにもスペックがずば抜けているためか当サイト掲載のカードの中でも特に多い申込み数を誇るカードがライフカードです。年会費は1312円の格安カードながら本格カードを凌ぐスペックを備えています。

基本スペックに関しては「ごく一般的」といった印象ですが、付帯する旅行保険の内容が充実しており、若干ではありますが価格優待等のサービスも付帯しています。カードに迷ったらとりあえずこのカード!といっても過言ではない素晴らしいカードです。

ライフカードの基本スペックについて

一見してライフカードの基本的なスペックはごくごく普通に見えますがポイント還元制度がステージ制になっている点に注目しましょう。前年度の利用額に応じてポイント獲得量は最大2倍にアップし、誕生月には5倍にアップするといった特典も。

カードでのショッピング利用が多い方は使うほどにどんどんポイントが貯まり、マイルに交換したい場合にも有利に。使えば使うほどお得になるカードと言えます。

ブランド 年会費 利用限度額 獲得ポイント 1ptの価値 マイル交換率
1312円
(初年度無料)
10~200万円 1000円の利用で
1ポイント
5円 1pt=3マイル

ライフカードに付帯する旅行保険

この年会費の価格帯では大変珍しく、国内・海外旅行保険がいずれも自動付帯しているのが最大の特徴で、しかも限度額も十分に確保されています。

ショッピングガード(カードでの購入した品が破損・盗難された場合の補償)も300万円準備されており、海外保険については携行品の盗難保障も最大20万円ありますので十分であると言えるでしょう。

国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング
ガード補償
付帯形態 死亡後遺 入院通院 携行品 付帯形態 死亡後遺 入院通院 携行品
自動 1000万円 自動 2000万円 200万円 20万円 300万円

ライフカードのサービス内容

今クレジットカード業界でも流行している電子マネーは「楽天エディ」「モバイルスイカ」「ドコモiD」の3種類に対応。毎日の通勤やコンビニでの買物でも使える高い汎用性もライフカードの人気の秘密です。

空港ラウンジの特別優待や会員専用デスクなどはないものの、旅行券の予約サービスや旅行代金の割引サービスなどある程度のサービスも充実しているので旅行のシーンでは是非お得に活用したいところです。


電子マネー機能

不正利用防止

特別割引優待

空港ラウンジ

会員専用デスク
エディ
スイカ
iD
不正利用を被った場合60日前にさかのぼり損害をカード会社が負担します。
国内海外旅行割引
海外アシスタンス
海外おみやげ宅配
旅行券予約サービス
国内レンタカー割引

ライフカードのライバルカード・スペックが似たカード

カード名 ブランド 年会費 備考
JCB EIT 無料 無料カードの中ではトップクラスの人気を誇るカード。国内旅行保険の付帯はありませんが基本スペックに優れ海外旅行保険が自動付帯です。
三井住友VISAカード
クラシックA
1575円
(初年度無料)
クレジットカードのスタンダード的存在の三井住友VISAが発行する旅行保険主体のカード。信頼度も高く旅行において力を発揮する名作です。
三井住友VISAカード
ゴールド
10500円
(初年度無料)
確かに旅行保険の補償額はこちらのほうが高いですが、海外・国内いずれも完全自動付帯するカードで次に年会費が安いカードはこれしかありません。