国内旅行がメインの場合のクレジットカードの選び方

海外旅行がメインの場合のクレジットカード選びのポイント

嬉しい事に、海外旅行で活躍する「海外旅行保険」は無料カードを含めて様々なカードに無料付帯しています。そのため国内旅行と比べても非常に選択の幅が広いというのが特徴。補償額やその他付帯するサービス内容をどこまで求めるか?によって選ぶべきカードが決定されますので色々な角度から吟味してみましょう。

海外旅行に行く場合のカード選びのポイント

  • JCBブランドは避け、海外旅行補償が自動付帯のカードを選ぶこと
  • 携行品補償・ショッピングガード補償が付帯しているカードを選ぶ
  • 万が一の事態が起きた場合カードは2枚以上持っていくのが安心
  • 旅行先にもよりますが海外では国内と比べ「物品の盗難」が多いというのが現状なので、どうせなら「携行品補償」「ショッピングガード補償」が付帯しているカードを選んでおきたいところ。また、海外のレストランやショップではJCBカードが日本国内ほど普及していないので、なるべくVISAやMASTERなどのブランドを選んでおいたほうが安心です。あとは付帯するサービス内容や補償額次第、万が一の事態(死亡・後遺障害)が起こった際にどれくらいの金額が必要だろう?と考えつつ選んでみましょう。

    海外旅行保険・携行品補償・ショッピングガードが付帯するカード(JCBブランド以外)

    メインでもサブでも便利なエポスカード、だって無料!

    入会費年会費が完全無料ながら海外旅行保険を自動付帯でフル装備しているエポスカード。無料カードで死亡後遺障害補償が高額付帯しているものは他にもありますが、入院補償や携行品補償までフル装備しているのはこのエポスカードだけなのです。

    死亡傷害補償が最大500万と低め、ショッピングガードの付帯無しというのは無料カードだから仕方ない!ということで、2枚持ちが基本となる海外旅行ではサブカードとしても活躍します。

    年会費 無料 ブランド 利用限度額 自己申告制
    海外旅行保険 最大500万
    (自動付帯)
    入院通院
    (海外)
    最大200万
    携行品補償
    (海外)
    最大20万
    ライフカード、この年会費でこの内容はダントツです。

    国内旅行保険のお勧めカードとしてもご紹介していますが、海外旅行保険でもやっぱり健在のライフカード。年会費1312円という格安カードの中ではダントツで優れたカードなのです。

    死亡傷害補償は自動付帯の2000万円まで、通院補償は最大200万、携行品の盗難補償は最大20万、ショッピングガード最大300万。海外の滞在をサポートする専用サービスやお土産の宅配サービスなどの内容も充実していてまさにパーフェクト。メインカードとしても十分ですね。

    年会費 1,312円
    (初年度無料)
    ブランド 利用限度額 10万円~200万円
    海外旅行保険 最大2000万
    (自動付帯)
    入院通院
    (海外)
    最大200万
    携行品補償
    (海外)
    最大20万
    この辺りの価格帯が一番人気か!?三井住友VISAエグゼクティブ

    どこまで追求するか?という点で非常に選択幅のある三井住友VISAカードですが、海外旅行において最も人気があるのはエグゼクティブと呼ばれるカード。種類の中では中堅にあたる位置づけのカードです。

    補償される内容は下の表+ショッピングガード最大100万円、注意して頂きたいのは付帯が「半自動付帯」という点で、旅行代金をこのカードで払えば最大4000万までの補償にアップ、そうでなければ500万が完全自動付帯という形です。保険は家族会員にも適応されるから安心。

    年会費 3,150円
    (初年度無料)
    ブランド 利用限度額 10万円~100万円
    海外旅行保険 最大4000万
    (半・自動付帯)
    入院通院
    (海外)
    最大100万
    携行品補償
    (海外)
    最大20万
    隠れた名作 MUFGカード・ゴールド

    何故だかあまり人気はないのですが、最も安いゴールドカードとして人気が出てきた流行りのカードが三菱UFJニコスのMUFGゴールド。年会費2000円でゴールドとしての仕事をしっかりしてくれる名作です。

    保険内容は十分な額を確保できておりショッピングガード補償も国内・海外で最大150万円までと文句無し。そのかわり空港ラウンジなどのVIPサービスなどは利用できないので必要なかたは上位カードである「ゴールドプレステージ」を検討するのも一つの手段かと。

    年会費 2,000円
    (初年度無料)
    ブランド 利用限度額 10万円~200万円
    海外旅行保険 最大2000万
    (自動付帯)
    入院通院
    (海外)
    最大200万
    携行品補償
    (海外)
    最大100万
    海外での利用…といえばアメリカン・エキスプレス・カード

    海外のクレジットカードと聞いて語らずにはいられないのが本家アメリカンエキスプレスカード。皆さんもお馴染みかと思いますが「海外で強いカード」の代名詞ともなっているカードです。

    内容としては下の表+ショッピングガードが最大500万円、金額に関しては十分すぎるほどです。ただアメックスはどのカードも空港ラウンジや海外携帯電話優待、手荷物無料宅配などのVIPサポートサービスが中心なので年会費も高いというのが痛いところです。

    年会費 12,600円
    ブランド 利用限度額 自己申告制
    海外旅行保険 最大5000万
    (自動付帯)
    入院通院
    (海外)
    最大100万
    携行品補償
    (海外)
    最大100万
    本家より優秀なんです… セゾンアメリカンエキスプレス・ブルー

    クレジットカード会社であるセゾンが発行するアメリカンエキスプレスブランドのカードがこちら。本家アメリカンエキスプレスよりも年会費は数倍安く、本家よりも優れているというのが正直なところ。

    本家のカードがVIPサービスに特化しているのに対し、こちらは無駄なサービスを省き、保険の補償額を少し引き下げることで低年会費を実現しています。海外ならポイント2倍!といった「海外に強いカード」の特色は少し残っていますけどネ。

    年会費 3,150円
    ブランド 利用限度額 自己申告制
    海外旅行保険 最大3000万
    (自動付帯)
    入院通院
    (海外)
    最大300万
    携行品補償
    (海外)
    最大30万