セディナカード ゴールド

セディナが発行する業界最安値の年会費を誇るゴールドカード「セディナカード・ゴールド」。スペックの内容としては本格クレジットカードと一般的なクレジットカードの中間的な位置づけで、同年会費のゴールドカードである「MUFGゴールド」のライバルカード的存在です。

本格ゴールドカードとして持つにしてはスペックもやや不足してしまいますので、本格的なゴールドカードへのステップアップ入門用として利用するのが最もおすすめです。

セディナカード ゴールドの基本スペックについて

国際カードブランドはJCB,VISA,マスターカードのいずれかから選択することができ、主な利用が国内ならJCB、海外ならVISAかマスターといったように好みに応じて入会することができます。

入会後3カ月間はポイント3倍、誕生月は2倍、携帯電話料金の支払い、ETC利用、海外での利用は1.5倍といったポイントアップ特典が豊富に揃っていますのでを効率よく貯めたいという方にもおすすめです。

ブランド 年会費 利用限度額 獲得ポイント 1ptの価値 マイル交換率
2000円
(初年度無料)
10~200万円 200円の利用で
1ポイント
1円 1pt=2.5マイル

セディナカード ゴールドに付帯する旅行保険

セディナゴールドカードに付帯している旅行保険については、同価格帯のクレジットカードと比較した場合も平均的なスペックです。国内旅行保険は利用付帯となっていますので、こちらのカードをメインカードとして使うのかサブカードとして使うのかで明暗が分かれるポイントかと思われます。

国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング
ガード補償
付帯形態 死亡後遺 入院通院 携行品 付帯形態 死亡後遺 入院通院 携行品
利用 2000万円 18万円 自動 2000万円 100万円 10万円 150万円

セディナカード ゴールドのサービス内容

一般的に年会費が格安のゴールドカードにはゴールド会員専用サポートデスクの付帯がありませんが、セディナゴールドカードの場合にはしっかりと専用デスクが完備されています。また、特別割引優待等のサービスはあまり充実していませんが、本格ゴールドで多く採用されている「海外アシスタンスサービス」「国際手荷物宅配サービス」など海外で嬉しいサービスがありますので、使い方によっては重宝するはずです。


電子マネー機能

不正利用防止

特別割引優待

空港ラウンジ

会員専用デスク
クイックペイ 不正利用やなりすましなどの心当たりのない損害をカード会社が補償
海外アシスタンス
国際線手荷物宅配
ゴールド会員デスク

セディナカード ゴールドのライバルカード・スペックが似たカード

カード名 ブランド 年会費 備考
ライフカード 1312円
(初年度無料)
非常に安い年会費で海外、国内旅行保険が自動付帯するスーパークレジットカード。ポイント還元率などの基本スペックでもこちらのほうが優勢。
MUFGカード
ゴールド
2000円
(初年度無料)
ほぼ同じスペックの格安ゴールドカード。ライバルカードであり、電子マネー機能が豊富な本格ゴールドカード入門用と言えるカードです。
三井住友VISAカード
クラシックA
1575円
(初年度無料)
クレジットカードのスタンダード的存在の三井住友VISAが発行する旅行保険主体のカード。信頼度も高く旅行において力を発揮する名作です。