ANA JCB一般カード

■こちらのカードには他の種類が複数あります。
ANA JCB ワイドカード(一般カードの基本スペックはそのままに国内海外旅行保険を強化したタイプ)
ANA JCB ワイドゴールド(一般・ワイドカードの基本スペック、サービスを強化し国内旅行保険を更に強化)

誰もが知る航空会社ANAが発行しているクレジットカードの中で最もスタンダードのカードがANA JCB一般カードです。ワンランク上に「ワイドカード」、更に上に「ワイドゴールド」が存在します。

国内線の航空券の価格が会員限定(最大38%OFF)で購入できるほか、ANAの機内販売、空港内のANA提携店舗でのショッピングに割引が適用されるなど、ANAが発行しているだけあって空港・航空機絡みの様々な優待を受けることが可能となっています。

ANA JCB一般カードの基本スペックについて

ANA JCB一般カードの基本スペックの最大の特徴はやはりマイル交換率の高さにあります。一般的なクレジットカードは1ptあたり2.5マイル~3マイル程度の交換レートとなりますが、ANA JCB一般カードは5マイルとなり約2倍の交換レートとなっています。

また、別途オプションで年間2100円の移行手数料を追加で支払う事で「10マイルコース」に乗り換える事も可能となっており、1ptあたり10マイルの交換レートにアップすることもできます。

ブランド 年会費 利用限度額 獲得ポイント 1ptの価値 マイル交換率
2100円
(初年度無料)
自己申告制 1000円の利用で
1ポイント
4円 1pt=5マイル

ANA JCB一般カードに付帯する旅行保険

ANA JCB一般カードに付帯する旅行保険は海外旅行保険の最大1000万円(自動付帯)のみとなります。国内旅行保険については一切の付帯がありませんので、国内旅行を目的とされている方は旅行保険の面でカードの恩恵を受けることができないというのが実情です。

格安カードでも、利用付帯が多いものの国内旅行保険が何かしら付帯しているものが多いので、そういった面で考えると他のカードより旅行保険では劣っていると言わざるを得ません。

国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング
ガード補償
付帯形態 死亡後遺 入院通院 携行品 付帯形態 死亡後遺 入院通院 携行品
自動 1000万円 100万円

ANA JCB一般カードのサービス内容

ANA JCB一般カードのサービスはやはり空港内・航空機内などの旅行絡みの内容がメインとなっていますが、カードに標準搭載されているEdyでの買い物の場合、200円ごとに1マイル貯まるという特典も見逃すことはできません。普段の買い物でEdyを使う事が多くマイルを効率よく貯めていきたい方にはぴったりのカードであると言えるでしょう。


電子マネー機能

不正利用防止

特別割引優待

空港ラウンジ

会員専用デスク


JCBでe安心(身に覚えのない請求をJCBが調査後、請求を取り消します。)
会員専用割引運賃
ANA機内販売割引
ANAFESTA10%割引
ANAツアー最大5%割引
ANA astyle 7%割引

ANA JCB一般カードのライバルカード・スペックが似たカード

カード名 ブランド 年会費 備考
ライフカード 1312円
(初年度無料)
マイル交換率は大きく劣りますが旅行保険が圧倒的に有利になるライフカード。低年会費で国内・海外旅行保険が完全自動付帯です。
漢方スタイル
クラブカード
1575円
(初年度無料)
知名度は低いもののポイント還元率・マイル交換率は業界トップクラスのスペックを誇るカード。国内旅行保険は利用付帯、海外は自動付帯。
三井住友VISAカード
エグゼクティブ
3150円
(初年度無料)
三井住友VISAカードファミリーの中でも中堅に位置するカード。旅行保険が半自動付帯、サービス内容を若干重視したスペックのカード。