1クリックで分かるいちばんいいカード

こちらのコンテンツでは目的別・ジャンル別で選ぶ最も良いクレジットカード、いわゆる、管理人が厳選したジャンル別の最強カードをご紹介しています。比較表を見たけどどのカードにしようか迷ってしまう…という方など、カード選びの際の参考にしてみてください。



最強の国内旅行向けカード

国内旅行をベースとしてクレジットカードを選ぶ場合、最強と言えるのはやはりANA JCBのワイドゴールドカードでしょう。年会費は少々高めですので普段からメインカードとして利用することをおすすめします。

ブランドは国内で最も強いと言われるJCB、国内旅行保険は最大5000万円が付帯しショッピングガードも付帯。更にバックグラウンドでは最大の特徴でもある非常に高いマイル交換率が待ち構えているため、航空券の費用も随分と浮かせることができるはずです。

年会費 カードブランド 国内旅行保険 マイル交換レート
14700円 最大5000万円
(自動付帯)
1000円利用で
10マイル獲得
最強の海外旅行向けカード

海外で活躍するクレジットカードは数多くありますが費用対効果で選んだ場合の最強カードはこちらの三井住友VISAゴールドカードであると言えるでしょう。ゴールドカードとなりますのでこちらも普段からのメインカードとしての利用が良いでしょう。

ブランドは海外でも強い世界No.1ブランドVISA、海外旅行保険は半自動付帯で最大5000万円。更に旅行保険には家族特約までくっついていますので、家族旅行などの際にも安心感は抜群です。

年会費 カードブランド 国内旅行保険 ショッピングガード
10500円
(初年度無料)
最大1000万円
(利用で5000万円)
最大300万円
最強の普段使いカード

日常のショッピングなど普段使いで最も重要になるのはやはりポイント還元率なわけですが、業界最強クラスのポイント還元率を誇るカードがこちらの漢方スタイルクラブカードです。

1000円あたりのカード利用では17.5円相当のポイント還元率は一般的なカードのなんと3倍以上の還元レート。加えてマイル交換率も極めて高く、こちらも業界最強クラス。それでいて年会費も1575円と非常に安価に設定されている恐ろしいスペックのカードです。

年会費 カードブランド ポイント還元率 マイル交換レート
1575円
(初年度無料)
2000円利用で7pt
(1pt=5円相当)
1000円利用で
10.5マイル獲得
最強の定年会費カード

年間を通して利用頻度が想定できないからできるだけ年会費が安いカードを…という方にお勧めしたい、最強の低年会費カードが旅行保険付帯タイプのライフカードです。

国内・海外の旅行保険がどちらも自動付帯しているという、この年会費ではとても考えられないスペックとなっており、元々はポイント還元重視タイプのカードとなりますのでポイント還元関連の特典も多数。万人にお勧めできる非常に優秀なカードです。

年会費 カードブランド 国内旅行保険 海外旅行保険
1312円
(初年度無料)
最大1000万円
(自動付帯)
最大2000万円
(自動付帯)
最強のゴールドカード

現在では格安ゴールドなどの登場によりゴールドカード自体の種類も多くなりつつありますが、その中でもダントツのスペックを誇る最強ゴールドカードはやはりアメリカンエキスプレスのゴールドです。

入会時の審査や年会費に関しては高水準の傾向にありますが、メインカードとして利用する場合には怒涛のサービス内容や上限額が高く安心感も抜群の旅行保険など、持て余すほどのスペックを誇るゴールドカードの中のゴールドカードなのです。

年会費 カードブランド 付帯する旅行保険 専用サポートデスク
14700円 最大5000万円
(海外は利用で1億円)
ゴールドデスクあり
最強のサービスを提供するカード

シティカードが発行する格安プラチナカードであるシティセレクトVISAプラチナム。アメリカンエキスプレス・ゴールドをも凌ぐ上質なサービスを提供しており、サービス面で最強と言えばこのカードでしょう。

万が一の時に助かる24時間対応のドクター紹介・相談サービスや保険コンサルティングサービス、旅行の際に重宝する日本語トラベルデスク、提携ショップや提携ホテルの特別割引優待などなど、サービス面においては世界各国にて非常に高いカバー率を誇ります。

年会費 カードブランド 付帯する旅行保険 専用サポートデスク
36750円 国内海外1億円
(共に利用付帯)
ゴールドデスクあり